« 選手契約基本合意のお知らせ | メイン | プレシーズンゲーム日程追加のお知らせ »

2015年7月26日 (日)

20シーズン目を迎えて

20150726_20th
 埼玉ブロンコスは、今シーズンで20シーズン目を迎えます。 1996年に企業チームとしての廃部をきっかけに“日本初の市民チーム”としてスタートしたことは大きなチャレンジでした。

 19年の歴史の中には、バスケットボール界のさまざまな変化の波がありました。チーム設立当初は、企業リーグしか存在しない時代であり、その中でどう運営していくのか、どう継続していくのかが常に課題でした。 日本初のプロバスケットボールリーグ「bjリーグ」の設立に奔走し、2005年11月に開幕を迎えることができたときは、抱えてきた課題への取り組みが結実し、新たな挑戦への扉が開いた瞬間でした。


このチームに関わってくださった皆様、そして応援してくださる皆様、誰一人欠けてもこの歴史はありません。私たちにとってかけがえのない財産です。

ブロンコスを支えてくださるスポンサー企業・株主の皆様、 さまざまな形でチームをバックアップしてくださる協会・連盟の皆様、 埼玉でチームをスタートするにあたって力を尽くしてくださった所沢の方々、 後援会としてご支援くださったたくさんの皆様、

前例のない日本初の市民チームを自腹遠征も覚悟でスタートさせたメンバーたち、 その心意気に応えて再び日本でプレーしてくれたCJ、 日本リーグ時代には仕事との両立に悩みながら挑戦し続け、OBとなった今も応援してくれる選手・コーチ・スタッフたち、 プロリーグに挑戦する私たちの背中を押して心強く応援してくださった日本リーグの各チームの部長の皆様、

日本初のプロリーグの設立から発展まで共に戦ったbjリーグ・各チームのスタッフの皆様、開幕の瞬間に立ち会うことはなかったけれどbjリーグ設立準備室で新たな幕開けを信じて情熱を傾けてくださったたくさんの方々、

ずっと変わらないお馴染みの声(MC)や音楽・ライティングそしておいしい名物フードでブースターの皆様をおもてなしし、共にホームゲームを形作ってくださっている皆様、プロチームとしてお客様に喜んでいただくために四苦八苦したスタッフたち、

公式戦では出会えないプレシーズンゲームの開催に毎年力を貸してくださる皆様、 ときには熱いファンとなりながら様々な面でバックアップしてくださる開催地各地の市役所の職員の皆様、

もはやベテランの域と言えるほどの欠かせない存在であるボランティアチーム“GREEN SPIRITS”の皆様、選手のコンディションのために尽力してくださるチームドクターとメディカルスタッフの皆様、ホームゲームをいつも盛り上げてくれるPONYS GREENとブロンコスチアリーダーズの歴代メンバーたち、

そしてチームとともに一喜一憂し熱く温かく応援し支えてくださるブースターの皆様、ここで言い尽くせないほど支えてくださったたくさんの皆様、この歴史の中でたくさんの絆がつながれてきたことに感謝しています。

バスケットボール界の大きな変革に何度も直面した私たちの目指すべきところは変わりません。埼玉にブロンコスがあってよかったと、言っていただけるようなチームにならなければと常に心に想っています。

20シーズンの節目にまたひとつの大きな変革のときを迎え、私たちは新たなリーグ、新たなステップに向かっていきます。また、近い将来の2020年、56年ぶりの日本でのオリンピック・パラリンピック開催でさいたまスーパーアリーナに再び世界レベルのバスケットボールシーンが訪れるときに、ブロンコスから代表選手を送り出したいというのは目標であり、そしてまた、皆様と共有していきたい楽しみなチャレンジでもあります。

この先の未来も皆様と共にあることを願っています。
感謝を込めて。

 

2015年7月26日

株式会社埼玉ブロンコス
代表取締役社長 成田俊彦

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Powered by TypePad